読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロマンティック・アイロニー

好きなこと・気になったことについて書いていきます!

セキュリティ・キャンプ全国大会2016に参加した

8/9〜8/13に開催されたセキュリティ・キャンプ全国大会2016に参加してきました。このセキュリティ・キャンプはこれまでに13回開催され約600名もの卒業生を輩出しています。その卒業生の方々は様々な分野で活躍されておられ、私としましては憧れの存在です。そんな先輩方に追いつくべく、耳の穴かっぽじって講義を受けてきました!笑

f:id:n0x2ca:20160815234211j:plain

0日目

私は地方から参戦しましたので、初日の集合時間に間に合わないということで会場兼宿泊施設であるクロスウェーブ幕張に前泊しました。私以外にも数人前泊対象の参加者がおられましたので、一足先に名刺交換させていただきました!この日は明日の準備だけして早めに寝ました。

1日目

 いよいよセキュリティ・キャンプが始まりました!会場へ向かうとさっそく本格的なカメラを向けられ抱負を聞かれました。(テンパって噛みまくったww)既に名刺交換の応酬が始まっていたので 「出遅れた」と思いつつも開講式の時間までひたすら名刺交換していました。(同時に数十人が名刺交換していたので誰と交換したかわからなくなりましたw)
 開講式が終わるとセキュリティ基礎講座や特別講義が行われ、大変興味深いお話を聞くことができました!特に特別講義でのインターポールの福森さんのお話はインターポールという組織の重要性やこれまで自分の中になかった視点の話が聞けてとても面白かったです。講義の後に福森さんと名刺交換させていただき、CDIシャツをいただけることに!!(やったぜ!)
 夕食後は会場に戻りグループワークの説明を受けました。テーマは4つあってその中から私たちのグループは唯一「10年後のIT社会のセキュリティのあるべき姿」を選びました。ちなみにチーム名は『osx』(おーえすえっくす)です。(たまたまグループ全員がMacという奇跡w)読みが「おーえすてん」ではないのはあえて。

2日目

 この日から毎朝8:30に専門講義が始まりました。私が受けた講義は「1-C 公開鍵暗号のハードウェア実装と攻撃〜ICカードが持つ脆弱性とその対策〜」と「2-C 人工知能とセキュリティ」でした。専門講義の後はグループ対抗seccamp CTFが開催されました!!
 1-Cではまず公開鍵暗号の概説があり、そのあと実際に機器を使用してICカードに対してサイドチャネル攻撃をしかけ鍵を取り出すということをしました。これは実際のクレジットカードにも有効だということでなかなか中二心をくすぐられる講義でしたw
 2-CではRやPythonディープラーニングを使ってみるという実習と人工知能を活用していく上での問題点として学習の時点でコンタミがある場合の対策などについてグループでディスカッションしました。

3日目

 この日受けた講義は「3-D The OOM CTF」「4-D 実行ファイルの防御機構を突破せよ」「5-A サーバ運用におけるパスワード管理」盛りだくさんな専門講義の後は特別講義として伊藤忠テクノソリューションの方から普段の仕事のお話をしていただきました。
 3-DではLinuxのメモリ管理機構として備わっているOOM killerについてお話していただきました。序盤はふむふむと余裕ブッこいて聞いていたのですが、OOMの本題に入ったあたりからとても難解になりよくわかりませんでしたw(チューターの方にとっても難しかったらしい) さすがLinuxのメモリ管理の闇というだけあるなと感じました。ただ、Linuxカーネルの闇を理解したいという気持ちが湧いてきたのでよかったと思います。
 4-Dでは事前課題で解いたx86バイナリをさらにグレードアップさせた問題をひたすら解析しました。x86バイナリを読むのはだいぶ慣れてきたのですが、ASLRが有効の状態でシェルを奪取するというのは自分には少し難しかったです…。ただGOT領域のアドレスをリークさせるところまではできたので復習して解けるようにしたいと思います。
 5-Aでは業務でペネトレーションテストをされておられる講師の経験をお話しいただいた上で、パスワードの管理方法についてグループでディスカッションしました。以前からパスワードの管理は煩わしいと思っていて何か有効な解決策はないのかと気になっていたので、いろんな意見が聞くことができとても参考になりました。

4日目

 この日受けた講義は「6・7-E インフラセキュリティ・ブートキャンプ」でした。この後に特別講義でDeNAがスタートアップだった頃からインフラを担当されている方になぜセキュリティの仕事をしているのかというルーツをお話をしていただきました。
 6・7-Eでは主にAWSをterraformというツールを使いチームで構築するというものでした。私はAWSもterraformも今回初めて触ったので、AWSの環境と構築方法の理解とterraformとの関係性などについて調べるとこから始めました。その後手動でAWSと構築し、ある程度理解した後terraformを使ってVPCを構築してみるとその容易さわかりやすさに驚きました。これを機にクラウドでのインフラ構築もやっていきたい。

5日目

 最終日は午前中にグループワークの発表がありました。他のグループはとても面白い発表していてやべーってなってましたw
発表終了後は昼食食べて閉講式して集合写真撮ってという感じでした。集合写真のとき今年のセキュキャンのキーワードでもある「今日も1日がんばるぞい!」を何回言ったかわからないw そして最後になんと!!プレゼントタイム&サイン会!!!様々な技術本や雑誌、Tシャツ、グッズなどをいただきました!(圧倒的感謝!!!!!!)

f:id:n0x2ca:20160815234255j:plainf:id:n0x2ca:20160815234310j:plainf:id:n0x2ca:20160815234317j:plainf:id:n0x2ca:20160815234323j:plain

感想

 参加する前は4泊5日は長いな〜と思っていましたが、終わってみるとまだまだやりたいという思いでいっぱいでした。CTFは時間が短かったのでここからというところで終わってしまいちょっと残念でした。
 私はあまりアニメを見ないのでついていけてないところもあり、会話に入れないことがあったので今後はアニメトラックもがんばりますww そして来年はチューターとして参加したいと思います!!

さいごに

 今回セキュキャンに参加させていただくことで各技術分野のトップの方たちとお話ができたり、SNSで繋がれたり、ともに頑張る仲間できたりと技術や知識以上に得られるものが大きかったです。技術力をあげたいという人や仲間がほしいという人は絶対に参加すべきだと思います。ただセキュキャンに参加することがすべてではないですし、参加して満足するようでは意味がないのでそこをお忘れなきを。