ロマンティック・アイロニー

好きなこと・気になったことについて書いていきます!

Bluelog README 和訳

気が向いたのでBluelogという近くにあるBluetoothバイスを検知するツールのREADMEを和訳してみた。英語の勉強という面もあるので、訳が間違ってたり表現がよくないところは優しく指摘していただければとても喜びます。

原文 GitHub - MS3FGX/Bluelog: A highly configurable Linux Bluetooth scanner with optional web interface.

Bluelog

Bluelogはwebサイトでの調査やトラフィック監視用に設計され、システムのデーモンかwebフロントエンドを選択して実行させることができるLinuxBluetoothスキャナーである。それは長期間、特定の静的な場所でその範囲にあるできるだけたくさんのBluetoothバイスを発見できることも目標としている。

Bluelogは放置されるように設計されているので、ユーザーインターフェースを持っていないし、一度スタートさせると何の操作も必要はない。その特色としては完全にログファイルのフォーマットが設定可能であり、同様にsyslogへネットワークを超えた中央集積型のログの機能がある。

Bluelogは貧弱で小型であるx86MIPS、ARMプロセッサで動作するよう設計された。BluelogはKali linux(www.kali.org)やPwnie Express(www.pwnieexpress.com)が提供しているPwn Pad やPwn Plugペネトレーションテストバイスに含まれている。また公式のOpenWRTレポジトリーやArch Linux AUR コミュニティーレポジトリからも入手可能である。

Bluelog Live

Bluelog Liveは定期的に発見されたデバイスの更新を提供し、それらの該当する情報は任意のwebブラウザから見ることができる。Liveモードは主に公開情報や、悪名高い”Wall of Sheep”からインスピレーションを受け設計された。(www.wallofsheep.com)

高度なLiveモードはメインのBluelogツールから分割されたソフトウェアであある。それはシンプルな静的なHTMLページやCGIモジュールから構成されBluelogからのログファイルを読み込む。

Bluelogはwebサーバではなく、ただ単にあなたが選択したHTTPデーモン(Apachelighttpd、etc)が提供するHTMLファイルを生成する。したがって、Bluelog Liveをスタートさせてみる前にwebサーバはすでに適切に設定されているか確認がいる。Bluelogは実は起動中Liveページの状態に全く気づかない。それはまさに吐き出すデータがベストな状態であることを望んでいる。

Basic Option

-i
このオプションはBluelogにあなたがスキャンしたいBluetoothバイスを伝える。あなたはHCIデバイス名(hci2のような)かローカルアダプタのMACアドレスを使うことができる。ボーナスとして、もしあなたが存在しないデバイスを与えるなら、Bluelogは稼働しているデバイスを自動検知し戻ってくるだろう。
-o
これはログを書き込むファイルを任意のファイル名にできる。デフォルトのフォーマットは”bluelog-YYYY-MM-DD-HHMM.log”で、カレントディレクトリに作られる。 -v
このオプションを付加すると見つかったデバイスをコンソールに表示する。出力にはくどくどとデバイスクラスの情報やタイムスタンプの記録が含まれている。デフォルトではこのオプションはOFFになっている。
-q
これは重要ではない出力をOFFにする。これが意味するのは、通常ではスキャンの実行開始時間と適切なシャットダウンがされたかのメッセージしか見ることができない。
-d
このオプションはBluelogをバックグラウンドで動作するデーモンとして起動する。まだ定型文やスタートアップメッセージを見ることになるだろう、しかしその後はターミナル内でBluelogから情報は少しも見かけないだろう。
-k
Bluelogプロセスがデーモンモードで実行されているときに、-kオプションはそのプロセスを停止することができる。

Logging Option

-n
このオプションを使うと発見されたデバイスのデバイス名が表示される。デバイス名を見つけることに時間がかかりすぎ時折失敗することがある。したがってデバイス名を解決しないことにより、Bluelogは高速にそして正確にスキャンできる。デフォルトではOFFになっている。
-m
このオプションを利用可能ならMAC OUIを通して稼働しているハードウェアメーカーを特定する。ハードウェアメーカーはBluelog Liveと同様に標準のログファイルに記録されているだろう。この機能を利用するにはいくつかのプラットフォーム(OpenWRTのような)メーカーの法外に大きなデータベースをインストールする必要がある。
-c
このオプションを指定すると生のデバイスクラスをログファイルに書き込むようになる。このオプションをOFFにするには -f を使う。デフォルトではOFFになっている。
-f
このオプションはデバイスクラスを翻訳し多くの人が読みやすい形式にする。それはデバイスのクラスとコア容量を教えてくれるだろう。例えば、クラス”0x7a020c”は”Smart Phone, (Net Capture Obex Audio Phone)”として見える。このオプションをOFFにするには -c を使う。デフォルトではOFFになっている。
-t
このオプションを使うとスキャン開始時間と終了時間、また新しいデバイスが発見された時間がログファイルに記録されるようになる。デフォルトでは OFFになっている。
-x
このオプションを使うとMACアドレスをうやむやにすることができる。このオプションをONにすると、Bluelogは発見されたそれぞれのメーカー部分のMACアドレスを表示するが、デバイスを固有の情報はブロックする。デフォルトではOFFになっている。
-e
このオプションを使うとMACアドレスをCRC32形式へエンコーディングする。このオプションをONにすると、発見されたこれまでディスクに記録されていないMACアドレスはこの形式で記録される。 -a
このオプションは”amnesia mode”を可能にすると与えられた時間が経つとBluelogは一度発見した特定のデバイスを忘れてしまう。このオプションによってBluelogはデバイスと出会ったとき、初めて出会ったものとして再びログに記録し、発見された時間も更新されるだろう。

Output Options

-l
このオプションはBluelogを中継してLiveモードも変更する。コンソールやログファイルよりも自動的に更新されるwebページの結果を表示する。
-b
このオプションは結果のデータがronin’s Bluetoothプロファイリングプロジェクト(BlueProPro)へのアップロードにふさわしいログの形式に設定する。これは他の多くのログオプションを上書きし、Bluelog LiveはOFFになる。このプロジェクトのさらなる情報と、さらなるヒントはあなたのデータを提出してもらう必要がある。www.hackfromacave.com
-s
このオプションを使うとsyslogのみに出力するモードになる。このモードではBluelogは通常のログファイルには記録しない代わりにシステムログファイル(/var/log/syslog)だけに記録される。このモードはネットワークで接続されたsyslogデーモンに気づかない時に特に便利であり、複数のBluelogにより記録されたログを一箇所に集約する際にも使うことができる。

Acknowledgemets

Bluelogの開発当初はAlbert Huangによって執筆された”Bluetooth Essentials for Programmers”という本に含まれているサンプルコードをもとに製作されていました。この本はとても有益な本であり、もしあなたがBlueZプログラミングの入門書を探しているのならとても役立つだろう。それはBlueZプロジェクトのひどいドキュメントを ほとんど補完してくれるだろう。

この本に関するwebサイト:http://www.btessentials.com/

Bluelogのデバイスクラスを解析するコードはMichael John Wensleyによって執筆されGPLv2によって保障されている”Inquisition”を実装している。

“Inquisition"に関するさらなる情報を読みたいのなら彼のサイトへ:http://www.wensley.org.uk/

BluelogはSven Reifegersteによってかかれた”CRC Tester”のCRCハッシュ関数の修正バージョンを実装している。

CRCエンコーディングに関するSvenのページ:http://www.zorc.breitbandkatze.de/crc.html

.roninによる”SpoofTooph”はリテラルコードではないデバイスキャッシュの書き換えという素晴らしい発想をくれた。”SpoofTooph”と.roninの他のプロジェクトは彼のサイトからチェックすることができる:http://www.hackfromacave.com/

BluelogのUDP関数はlan Macdonaldが提出したコードをもとにされている。(ianmac51@googlemail.com)

BluelogもまたMartin Schlzeによってかかれたpidfile.cに含まれる関数にインスパイアされたコードをいくつか使用している。

Bluelog Liveのロゴに使用されているフォントはJakob Fischerによる”Electric Boots”である。彼のフォントコレクションはここでみることができる:http://www.pizzadude.dk/

BluelogのOpenWRTバージョンはGary Bonnerの仕事ぶりやJoshua HurstとDean Nielsonの陰の支えがなければ可能ではなかっただろう。Stephen Walkerもありがとう。彼女はBluelogのためにプラットフォームの貴重な情報である公式のOpenWRTパッケージを保守し続けてくれた

BluelogのためにArch Linuxの組み込みスクリプトを保守してくれてありがとう、Jonas ”onny” Heinrich。彼のプロジェクト:http://www.project-insanity.org/

BluelogようにカスマイズされたPwn Plug上での支援や助力には大変感謝します、Dave Porcello、Jonathan Cran、Punie Express team。

イタリアのボルザノでネットワークトラフィックモニタリングの構造を開発している間にBluelogへパッチを当ててくれた、Paolo ValleriやIntegreenプロジェクトありがとう。プロジェクトサイト:http://www.integreen-life.bz.it/

DEFCON Privacy VillageのテーマにBluelog Liveを組み入れてくれたTeresa Brooksありがとう。

Bluelogについてのコメントや提案をしてくださり正しい方向へと私を進めてくださったすべてのユーザに感謝します。

最後に、調整の目的で私にBluetoothバイスを寄付してくださった方々に感謝いたします。スキャンするデバイスがなしでBluetoothスキャナーをかくことはかなり難しい、そのためハードウェアは私にとって大変貴重である。

License

このプログラムはフリーソフトウェア;あなたはフリーソフトウェア団体によって公開されているGNU GPLv2のライセンスによりこれを再配布または修正して再配布ができる。
このプログラムは便利になるよう望まれて配布されている。しかしなにも保証はない。;暗にほのめかされる市場的な保証や特定の適性な目的のようなものもない。
詳細はソースディレクトリに含まれている”COPYING”ファイルを見て。